蜂の駆除に役立つもの

住宅周辺に蜂が巣を作った場合はすぐに駆除を行ないましょう

蜂駆除の薬剤に使われている成分

2つの成分

男性

蜂の駆除を行なう際は、使用される薬剤が高齢者に悪影響を与えないか不安になります。まずは薬剤の成分を確認してみましょう。

蜂駆除の薬剤には主にピレスロイド系の成分が採用されています。(40代・男性/蜂駆除歴20年)

除虫菊に含まれる有効成分はピレスロイド系の成分で、現在では殺虫剤の主成分としてよく利用されています。ピレスロイドにはノック剤とキル剤の2タイプが存在しており、どのタイプの殺虫剤を使用しても蜂の駆除を行なうことは可能です。ノック剤は虫を遠ざける効果を持っていて、キル剤には虫を致死させる効果が含まれております。

「プラトレリン」系の殺虫剤も高い効果があります。(50代・男性/蜂駆除歴25年)

ノック剤に含まれる効果とキル剤に含まれる効果を併せ持っているのがプラトレリンであり、蜂の駆除を行なう際は主にこのプラトレリンを配合した薬剤を使用することが多いです。ピレスロイド系の殺虫剤でも蜂を駆除することは十分に可能ですが、プラトレリンを含む殺虫剤を使用すればより効果的に蜂を駆除することができます。

室外機を分解しながら駆除をする

薬剤散布には機材を使う

室外機などの場所で蜂の駆除を行なう場合はしっかりと作業が完了できるよう、機材を使用してしっかりとハチの巣まで薬剤が届くように対処する必要があります。駆除業者の方はファイバースコープやはしごなどのさまざまな機材設備を用意しており、スムーズに作業を進めていくことが可能です。そのため駆除作業に時間がかかったりすることはありません。

散布後の巣の撤去

室外機などの場所に作られた蜂の巣を駆除する際はまず薬剤を使い、巣の中にいる蜂をきちんと駆除します。その後は室外機のカバーなどを適切な手順で外していき、内部に作られた蜂の巣もしっかり撤去することで作業は完了です。

TOPボタン