蜂の駆除を業者に依頼

住宅周辺に蜂が巣を作った場合はすぐに駆除を行ないましょう

数が増えると集団で襲われるリスクも

防衛本能が働く蜂


スズメバチやアシナガバチは攻撃的だと聞きました。本当ですか?
スズメバチやアシナガバチは自分から攻撃を仕掛けることはほとんどなく、巣の警戒範囲へ侵入してきた敵にのみ攻撃を行なう習性を持っています。むやみに巣へ接近すると攻撃されてしまう可能性が高いため、蜂の巣を見つけた場合は近づかないようにしましょう。特にスズメバチは仲間を呼ぶ習性を持っており、集団攻撃を行なうためとても危険です。

ハチ駆除業者からのワンポイントアドバイス

10メートルは離れるべき (ハチ駆除業者)

蜂が侵入者に威嚇を行なう警戒範囲は数メートルから10メートル程であり、以前に巣が攻撃されているとこの警戒範囲は広くなります。そのため蜂の巣を発見した場合は蜂を刺激しないように行動し、巣から10メートル以上離れるが最適です。警戒範囲の中に入ると蜂が周囲を飛び回ったり、顎をカチカチ鳴らし始めたりするので注意しましょう。

蜂の集団に襲われないためには~業者への駆除依頼~

安全性が高まる

個人で蜂の駆除を行なうと大量の蜂から攻撃を受けてしまうので、駆除を実施する際は高い技術力を持った業者に依頼しましょう。室外機や自宅の軒下などに巣があれば刺されるリスクも高いため、早めにく魚を依頼すると良いです。

高い駆除効果
個人で蜂を駆除してしまうときちんと作業が完了されず、蜂がまた室外機や自宅の軒下など同じ場所に巣を作ってしまうことが多いです。しかし駆除業者の方に対応を任せていれば駆除効果が長い間持続し、蜂の被害を未然に防ぐことができます。対応する駆除業者によって作業時間や駆除後の効果の持続期間が異なるため、依頼を行なう際は事前に業者の情報をチェックしておきましょう。
安全な駆除
個人で蜂の駆除を行なうと多数の蜂に襲われてしまい、いろいろな箇所を刺されてしまう可能性が高いです。蜂の毒が何度も身体の中に入るとアナフィラキシーショックが発生し、呼吸困難などのさまざまな症状を引き起こしてしまいます。なるべく安全に蜂の駆除を進めていきたい場合は、駆除業者に任せましょう。
TOPボタン