蜂の駆除や予防に役立つアイテム

住宅周辺に蜂が巣を作った場合はすぐに駆除を行ないましょう

蜂の巣を室外機に作らせない方法

室外機からの侵入を防ぐ

蜂は同じ場所に巣を作り続ける習性があるため、駆除後は策を講じることで同じ場所に巣が作られるのを予防できます。

スプレーで蜂予防
蜂の巣が再発するのを防ぐには定期的に殺虫剤スプレーを散布し、蜂が近づくのを予防する必要があります。しかし高齢者の方は足腰が不自由であることが多いため、スプレーを散布できない場合は家族の方が代わりに作業を代行してあげましょう。こうした対応を行なっておけば、きちんと蜂の侵入を防ぐことが可能です。
シートで室外機を覆う
高齢者の方だけで生活していて定期的に殺虫剤スプレーを散布できない場合は、シートで室外機を覆っておきましょう。シートなどの表面がツルツルなものでカバーしておけば、室外機の周辺に蜂が巣を作ることはありません。定期的に点検を行なう必要はありませんが、実行する際は徹底的に室外機周辺を覆わなければいけません。

高齢者に優しい対策

業者

なるべく薬剤などを使用せずに蜂の接近を予防したい場合は、木酢液や竹酢液といったアイテムを使用するのが最適です。木酢液は木を焼いた際に発生する煙を液状に変化させたものであり、散布しておくと虫が住宅周辺に近づくのを防ぐことができます。有害な成分は一切含まれていないため、高齢者や子供が住んでいる住宅にも適した対策グッズです。

万が一部屋に侵入してきたら

緊急時の対処

室外機の中に蜂が巣を作ってしまった場合、パイプなどを伝って蜂が室内に入ってくる可能性があります。もし室内に蜂が侵入した場合は、窓を開け電気を消し、蜂が外へ飛び立つ状況を作りましょう。蜂は明りのある方へと飛び立つ習性を持っているので、室内の電気を消しておくと明るい外へと逃げていくことが多いです。

TOPボタン